複製鏈接
請複製以下鏈接發送給好友

boy

(Reol演唱歌曲)

編輯 鎖定
《Boy》是Reol演唱的歌曲,由Reol作詞,Reol/Geekboy作曲,收錄於專輯《Boy》。 [1] 
外文名
Boy
歌曲原唱
Reol
填    詞
Reol
譜    曲
Reol/Geekboy
歌曲歌詞
hey boy ヒリヒリとしているんだ心臓が
hey boy 我這顆被刺痛着的心
君がいない違和感には慣れない けど行かなくちゃ
全然無法習慣沒有你的違和感 只是我必須前行
何度だって間違えたの 何度だってやり直そう
弄錯了無數次 就接着重來無數次吧
君が否定したことをあたしは何度だって証明しよう
你所否定的東西 無論多少次我都會證明給你看
あたしたち秤の上でシーソー 測られるの幸運の所持量
我們在天秤上玩着蹺蹺板 被測定的幸運的攜帶量
終わりが近づく音、ドクドク鼓動がからかう督促狀
終末臨近之音響起 其為心臟鼓動的催促信
互い違いの航路の交差點前で踴ろう
在彼此不同航路的交叉點前起舞吧
そう思いつくままにここへ來たあたしは!
懷抱這般想法 我來到此地
君のためいつだって 君に似合いたかったんだ
為了你 無論何時都想變得配得上你
なんでもできる君を思えば 理想すら邪魔だった
若是想起無所不能的你 連理想也將成為阻礙
君が笑うならなんだって 道化にだってなりたくて
倘若你展露了笑顏 無論怎樣 就算當個小丑也樂意至極
ああもう時間かな 明日が呼ぶんだよ
啊啊 時間到了呢 明天在呼喚着我了
あたし笑って手を振って
於是我含笑揮手
トップスピード 愛の向く方へ
以最高速疾馳 奔向愛之所在
ライドオン、ライドオンナウ 昨日の向こうへ
前進、即刻啓程 向着昨日出發
愛向かう方へ
向着愛之所在
吐いた唾 落花枝に帰らず
一言既出駟馬難追 落花不可再歸枝椏
斷つ退路 さらば愛し日々よ
退路已然斷絕 向美好的日子致以道別
飽き足らず鳴らすならず者
慾壑難填 不斷吼叫着的混蛋啊
後生さ身を焦がすマゾヒスト
後輩是為愛憂愁的受虐狂
確かめた瞬間 褪せる空は冷えて
塵埃落定之瞬 褪色的天空泛起冷意
最後シラベもなく喪失した
最後的音調也就此喑啞
「君のため」いつだって それはあたしのためだった
【為了你】那從來都是為了我自己
壊れた破鏡 サルベージしてくれんの?
業已破碎之鏡片 能為我打撈回來嗎?
わからないんだ、ごめんね
“我也不知道 對不起啊”
君が笑うならなんだって そのすべて見合いたくて
倘若你展露了笑顏 無論怎樣都好 我想變得與其相稱
口惜しいけど 涙も出ないんだ 出ないんだよ
雖然很可惜 眼淚也未曾流下 沒有流下啊
ねぇ不在票 その後遺症
不在票 帶來的後遺症
とても冷靜ではいられないよ
是怎麼也冷靜不下來啊
故に交互に このアイロニー
所以這交替着的反語
わかりたかった君だからだよ
因為與你有關 我想去知曉啊
焦燥 煽れ初期衝動
焦躁 被煽動的初期衝動
もっとくれよ不退転を
請賜予我更多
立ち上がるための理由を
那不可動搖的意志和站起來的理由
幾つでも 幾度でも
無論幾次 無論幾多
愛を謳え
將愛縱情歌唱吧
後悔した數以上 誰かを愛せるなら
如果在後悔這麼多次之後 還能再度陷入愛河的話
あの日の約束は忘れて 君を送るための餞
我會忘記那日的約定 這次將你永遠送別
最後のお願いひとつだけ ごめんね、じゃあね
其為最後僅剩唯一之願 對不起啊 再見了
see you again.
see you again.
君のためいつだって 君に似合いたかったんだ
為了你 無論何時都想變得配得上你
なんでもできる君を思えば 理想すら邪魔だった
若是想起無所不能的你 連理想也將成為阻礙
君が笑うならなんだって 道化にだってなりたくて
倘若你展露了笑顏 無論怎樣 就算當個小丑也樂意至極
ああもう時間がないよ
啊啊 時間已經到了呢
廻れ廻れ、あたしのために今
時間流轉 如今我只為自己而活
何のため誰がため 終わる頃にはわかるのか
為何而又為誰 終焉到來之時即可知曉吧?
こんなどうしようもない生命體が ひたすらに愛しくて
這樣無可救藥的生命體 一心一意地贈予愛意
最適解じゃなくたって あたしはあたしになりたくて
即便不是最優解 我也想成為真正的自己
ああもう時間だよ どうなっても行こう今、最前線へ
啊啊 時間到了 無論如何 現在就向最前線出發吧!
トップスピード 愛の向く方へ
以最高速疾馳 奔向愛之所在
ライドオン、ライドオンナウ 昨日の向こうへ
前進、即刻啓程 向着昨日出發
憧れさえ追い越して
就連憧憬之所在 也將其一併超越 [1] 
參考資料
  • 1.    Boy  .網易雲音樂[引用日期2021-11-30]