複製鏈接
請複製以下鏈接發送給好友

雄呂血

(1925年二川文太郎執導電影)

鎖定
時は亨保の頃、ある藩の漢學塾に久利富平三郎(阪東妻三郎)という若侍が學んでいた。ある日、塾の無禮講の席で平三郎は家老の息子(山村桃太郎)に喧譁を仕掛けられ、受けて立ったことで自分だけ閉門を申し付けられる。塾長の娘(環歌子)に身の潔白を訴えよ。
中文名
雄呂血
類    型
動作、歷史、年代
製片地區
日本
拍攝地點
日本
導    演
二川文太郎
編    劇
壽壽喜多呂九平
主    演
中村吉松
関操
春路謙作
環歌子
阪東妻三郎
片    長
74 分鐘
上映時間
1925年

目錄

雄呂血影片評價

阪東以驚人的感染力,將一個屢遭背叛、淪落天涯的江湖浪人身上具有受虐傾向的虛無主義表演得淋漓盡致 [1] 

雄呂血演員表

角色 演員
Jirozo Akagi 中村吉松
—— 環歌子
Shin'nojo Esaki, her husband 春路謙作
Heisaburo Kuritomi 阪東妻三郎
參考資料